frameset要素

TOPページに戻る > html入門

スポンサード リンク

frameset要素

ページを分割してフレームで表示します
複数のページを1ページに同時に表示することができます。(複数のHTMLファイルを1ページで表示する)
フレームを使う場合はHTMLの文章宣言文をFramesetにしてください
しかし、フレームを使うと検索結果に1ページで表示されないで複数のHTMLファイルごと検索結果に表示されるデメリットがあります。また、ブラウザにお気に入りにページを登録した時も分割されたページごとに登録される可能性もあります。印刷時に複数のフレームを印刷できない問題点もあります
※そんなわけでframeset要素はHTML4ではつかえますが次世代のHTML5では廃止されています

使い方(書式)

<frameset></frameset>

frameset要素

対応ブラウザ ie6 ie7 ie8 ie9 ie10 ie11 google Chrome safari fire fox opera
要素の種類 ブロック要素
内容となる要素 frameset要素、frame要素、noframes要素

属性 説明
cols属性 横方向にページを分割し、フレームごとの横幅の数値をフレームの数だけカンマで区切って並べます
値は、数値か%、*を使えば相対値で指定できます
rows属性 縦方向にページを分割し、フレームごとの横幅の数値をフレームの数だけカンマで区切って並べます
値は、数値か%、*を使えば相対値で指定できます
border属性 フレームの境界線の太さを指定します
ブラウザが独自に採用した機能ですが全てのブラウザで使えます
html共通属性 id属性、class属性、title属性、style属性
htmlイベント属性 onload属性、onunload属性

実際の指定方法

html
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html lang="ja">
<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
	<title>フレーム</title>
</head>
<frameset cols="15%,85%">
<frame src="index.html">
<frame src="textarea.html">
<noframes>
フレームを使えないブラウザはこの文字が表示されます
</noframes>
</frameset>
</html>

実際の表示

フレームを使った表示

その他のデザインはcssでスタイルを指定





(C)2012 ホームページ作成無料