textarea要素

TOPページに戻る > html入門

スポンサード リンク

textarea要素

複数行のテキスト入力欄を作ります
タグの中にテキストを書いておくと初期表示のときにテキストを表示します
テキスト入力欄の横幅はcols属性、高さはrows属性で指定します

使い方(書式)

<textarea></textarea>

textarea要素

対応ブラウザ ie6 ie7 ie8 ie9 ie10 ie11 google Chrome safari fire fox opera
要素の種類 インライン要素
内容となる要素 テキスト

属性 説明
cols属性 テキスト入力欄の横幅を文字数で指定します
cssのwidthプロパティでも指定できます
rows属性 テキスト入力欄の高さを文字数で指定します
cssのheightプロパティでも指定できます
wrap属性 横幅以上の長さのテキストの折り返しを指定します
値にはoff(折り返しなし)、soft(折り返しする)、hard(送信のときに折り返しのところに強制改行)
name属性 入力項目に名前をつけます。送信されたときに値がサーバーに送信されます
disabled属性 フォームの入力項目と選択を禁止して操作できなくします
この属性が付いている項目はサーバーに値を送信しません
readonly属性 入力項目を読み取り専用の項目にします
ユーザーは入力できなくなりますが値はサーバーに送信されます
値はreadonly
共通属性 html共通属性
イベント属性 htmlイベント属性

実際の指定方法

html

<form action="mail.cgi" method="post">
<table cellpadding="5">
 <tr>
 <td>※メッセージ</td>
 <td>
   <textarea name="f5" cols="50" rows="6"></textarea>
 </td>
 </tr>
</table>
</form>

実際の表示

※サンプルのためフォームのみでcgiは動きません
※メッセージ

その他のデザインはcssでスタイルを指定





(C)2012 ホームページ作成無料