tr要素

TOPページに戻る > html入門

スポンサード リンク

tr要素

tr要素は表の行を作成します
table要素の子要素で内容にできる要素はtd要素(セル)とth要素(見出しのセル)です
tr要素は単独では使いませんtable要素を使ったときにtd要素といっしょに使います
HTML仕様ではスタイルはなるべくcssで指定するようにとなっているので、背景色などスタイルに関する属性は使わずにcssで指定するようにしましょう

使い方(書式)

<tr></tr>

tr要素

対応ブラウザ ie6 ie7 ie8 ie9 ie10 ie11 google Chrome safari fire fox opera
要素の種類 table要素の子要素、thead要素、tfoot要素、tbody要素の子要素
内容となる要素 th要素、td要素

属性 説明
align属性 tr要素の内容になっているセルのテキストの横の表示位置を一括で指定
値にはleft、right、center、justify、char
valign属性 tr要素の内容になっているセルのテキストの縦の表示位置を一括で指定
値にはtop、middle、bottom、baseline
bgcolor属性 表の行の背景色を指定できます
推奨されない属性です。cssのbackground-colorプロパティを使ってください
char属性 セルの内容の位置揃えとなる文字を指定します
対応しているブラウザはありません
HTML5で廃止されました
charoff属性 char属性で位置揃えが指定された場合、charoff属性でその文字から水平方向に位置をずらして表示します
対応しているブラウザはありません
HTML5で廃止されました
共通属性 html共通属性
イベント属性 htmlイベント属性

実際の指定方法

html

<table>
 <tr>
 <td>セル</td>
 <td>セル</td>
 </tr>
 <tr>
 <td>セル</td>
 <td>セル</td>
 </tr>
</table>

実際の表示

セル セル
セル セル

その他のデザインはcssでスタイルを指定





(C)2012 ホームページ作成無料