ホームページ作成無料

webページを作るために必要なHTMLやcssの解説や素材の検索サイトです。本格的なデザインで作る方法や小技など様々な知識を身に付けてください。専用のソフトを使えばHTMLを理解していなくても十分つくることができます。スタイルシートを使いこなせば多彩なデザインも可能になって表現できる幅が広がります。初心者の方にはブログもおすすめです。

カテゴリ一覧



web制作経験がない初心者は入力補助ソフトを使ったほうが良いです。慣れてきたらタグ打ちで細かい調整をするといいでしょう、構文エラーに気をつけながら少しずつ更新していけば良いと思います 簡単な作り方を画像付きで分かりやすく解説しているサイトやフリーで使えるJavaScriptやタグやCSSサンプルなどを掲載しているサイトを紹介しています。初心者の方が作る為の実践講座やビギナーズガイド、小技やテクニックが役立ちます。イラストやFLASH制作やロゴやバナーの制作など立ち上げるとやることがたくさんあります。HTMLやスタイルシートを使えるようになったらJavaScriptやCGIやphpなどを覚えていくと高度なHP作りが楽しめます。素人でもカンタンに作れるブログも比較しています。Movable Typeのような高機能・多機能なブログツールを使ってページを自動で作る場合でもタグやcssの基礎知識があれば応用ができるので記述方法は覚えておいて損はありませんテンプレートの配布サイトや素材を利用すればかんたんに作ることができるのできます。最も自分のwebページにあったデザインを選ぶことが大切です。使いやすいフリーソフト、イラストや素材を使って本格的な人気のwebを作ってみてください。お店や企業、店舗や会社、ネットショップやビジネスで使うのであれば格安料金でやってくれる制作屋に申込してもいいでしょう。web制作会社に依頼するばかりでなく自分でメンテナンスができれば緊急時にも安心です。初級者でも基本的なHTMLの書き方を解りやすくに解説しているホームページ作成入門ページや支援パーツを使うことで誰でもWEBページを開設することができるでしょう。pcソフトでHPを作る場合、使いやすいふりーそふとやテンプレート配布を利用してむりょうで一から作るのもおすすめです。まずはメタタグの書き方やcssファイルの基礎講座、解説や小技集で学んで入門。これからはHTML5の書き方や作り方も重要になってきます。seoや上位表示など便利なサービスやお役立ち情報もgoogleやyahooかocnで検索して自分に合った方法を見つけてみましょう。独自ドメインを取得してレンタルサーバーで運営すれば掲示板やチャットやメールも設置することができるようになるので管理も大変ですがやりがいも増えることでしょう。パソコンソフトを利用する方法やテンプレートを利用してかんたんに作る方法もあります。つくる事がはじめての場合、HTMLやcssの基礎講座で基本を学んでから。最も最適なツールを選択して効率良く作ろう。管理者になるとコンテンツの更新や画像編集、アクセス向上や宣伝などやることも多くなります
レンタルサーバーを使うときは容量の大きい転送量が無制限のところがオススメです

jQueryプラグインを使うとより簡単にホームページが作れます。このサイトでもたくさん人気のjQueryプラグインを紹介しているので検索してみてください。
スマートフォンサイトの作り方を勉強しておくといいかもしれません。スマホ向けのサイトがつくれるとより多くの人がアクセスしてくれるでしょう。スマホサイトの作り方は、HTML5、CSS3、jQueryプラグインなどを使って作ります。パソコンの画面より表示幅が小さいので横幅を320px程度にするといいです。表示の切り替えはメディアクエリなどを使って自動で処理するのがいいと思います。 pc向けのホームページをレスポンシブデザインにして、スマホから見た場合は、一定の横幅より小さくなった場合は、スマホ用のCSSに切り替えて表示すれば、HTMLは同じでCSSだけ切り替えることができます。スマホはタップ、ダブルタップ、フリック、ピンチイン・ピンチアウトなどの操作があるためそれに対応した、コーディング、jQueryプラグインが必要になります。iPhone、Androidなど機種ごとに解像度が違うので気をつけてください。