jquery slideUpメソッド

TOPページに戻る > jquery入門

スポンサード リンク

jquery slideUp()メソッド

slideUpメソッドは、セレクタで指定した要素をスライドアニメーションしながら非表示するメソッドです
引数は二つあって1つ目がアニメーションスピードを数字で指定します。1秒が1000です。2秒が2000で全てを表示します
2つ目の引数でコールバック関数を指定できます。コールバック関数とはアニメーションが終わったら実行される処理です。連続して動きをつけることができます
第一引数の値には数字の他に"fast"、"slow"などの文字列も指定できますfastが200、slowが600、引数なしの場合400

$("セレクタ").slideUp();

引数を指定する場合

$("セレクタ").slideUp(スピード,コールバック関数);

コールバックを指定する例

$("セレクタ").slideUp(1000,function(){
	アニメーションが終わったあとに実行される処理
});

指定したHTML要素の表示をスライドアニメーションしながら非表示にする

ボタンをクリックすると指定した秒数でdiv要素がスライドしながら非表示になります

jquery

$(function() {
	$("button").click(function(){
	$("div#hoge").slideUp(1000);
	});
});
css
#hoge{
 background-color: #FFCC99;
 width: 250px; height: 250px;
 }

html

<div id="hoge"></div>
<button>ボタン</button>

サンプル


引数を指定しない場合の表示

引数を指定しない場合は0.4秒でアニメーションを完了します。cssとHTMLは上と同じです

jquery

$(function() {
	$("button").click(function(){
	$("div#hoge").slideUp();
	});
});






(C)2012 ホームページ作成無料