jquery属性セレクタ

TOPページに戻る > jquery入門

スポンサード リンク

jqueryで使えるセレクタ

jqueryで使える属性セレクタ
jqueryはブラウザに依存しないので、全てのブラウザでセレクタを使えます

属性セレクタ

属性がついているHTMLの要素や属性の値で指定します。
要素名[属性名='値'](最初の要素に適用する要素名の属性と値が一致した要素を指定できます)
[属性名]だけの指定や、[属性名='値']だけの指定もできます
下記の場合はtextarea要素のname属性、値はhogeの場合に指定できます

$(function() {
	$("textarea[name='hoge']").処理する内容;
});

属性の後に!を入れると条件を反対にすることができます。
[属性名!='値']
この場合はtextarea要素のname属性、値はhoge以外の値の要素に指定できます

$(function() {
	$("textarea[name!='hoge']").処理する内容;
});

属性の値が指定した文字列で始まっている要素を指定します

[属性名^='値']
この場合はtextarea要素のname属性、値はhogeで始まっているの値の要素を指定できます。例えば値がhogehogeのときも指定できます

$(function() {
	$("textarea[name^='hoge']").処理する内容;
});

属性の値が指定した文字列で終わっている要素を指定します
[属性名$='文字列']

この場合はtextarea要素のname属性、値はhogeで終わっているの値の要素を指定できます。例えば値がnullhogeのときも指定できます

$(function() {
	$("textarea[name='hoge']").処理する内容;
});

属性の値が指定した文字列を含んでいる要素を指定します
[属性名*='文字列']

この場合はtextarea要素のname属性、値にhogeが含まれている値の要素を指定できます。例えば値がnullhogefooのときも指定できます

$(function() {
	$("textarea[name*='hoge']").処理する内容;
});

複数の属性セレクタの条件を同時に指定できます
[属性セレクタ][属性セレクタ]

この場合はname属性、値の先頭にnull、値の後ろにfooが含まれている属性の要素を指定できます。例えば値がnullhogefooのときも指定できます

$(function() {
	$("[name^='null'][name$='foo']").処理する内容;
});




(C)2012 ホームページ作成無料